帯広市立啓西小学校 updated 2021-04-11
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


令和3年度の学校経営方針

「夢」「自信」「誇り」を育てる学校
<今年度の重点教育目標>
時を守り 場を清め 礼を正し
互いを認め合う啓西っ子

【時を守る】 
 時間を守ることです。
 待っている相手を思いやれる子になります。
(登下校時刻を守ったり、チャイム着席したり、時間を守ることは生活の基本ですみんなで時間を守ることで、学校生活のリズムも整います。)
【場を清め】
 整理整頓と掃除です。
 周りの事に気づける子どもになります。
(くつやカバンを揃えて置いたり、落ちているごみを拾ったりすることは、心を磨くことにもつながります。)
【礼を正す】
 挨拶と廊下歩行です。
 人間関係を広げ、
 落ち着いて生活できる子になります。
(あいさつは人間関係の基本です。また、廊下歩行は、自律につながります。)


「学校は公を学ぶところ」です。そして、「学校は人が育つところ」です。
 小学校は子どもたちにとって初めての社会となります。
 社会でお互いが気持ちよく過ごすためには、ルールやマナーの意味を知り、それを当たり前のこととしてできる事が大切です。
 また、学校は、子どもたちにとって、「今日は楽しかった。明日も頑張ろう!」と毎日思える安全な場所でなくてはなりません。その「楽しさ」は、単に「おもしろい」ということではなく、「わかる楽しさ」「できる楽しさ」「協力する楽しさ」でなくてはなりません。
 これらの学校で学んだことが、子供たちの「生きる力」となって、明日に、そしてその先の人生に必ず繋がっていきます。
 そのために「教育は子どもの未来を創る営みである」ことを深く自覚し、一人一人を大切にした指導を全職員が「チーム啓西」として進め、
子ども達が「啓西小で学んでよかった」、
保護者が「啓西小で学ばせてよかった」、
職員が「啓西小で仕事ができてよかった」
と思える学校づくりを目指します。

  令和3年4月8日 
     校長 鈴 木 宏 和


LinkIcon学校経営方針(グランドデザイン)

LinkIcon学校がよく見える(啓西ナビ)







校 章
学校にふさわしいペン先を表し、
「西に向かって啓く」校名にマッ
チしたデザインになっている。図
案は白地にエンジ色で小学校の
小を意味する。ああああああああ
 昭和42年制定。
  冨久尾豊氏(開校当時本校教諭)