帯広市立啓西小学校 updated 2020-02-17
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 
 本校の学力向上のキーワードは「そろえる」です。学ぶ児童の側に立ち、教室環境
 や学習用具、指導過程などを、できるだけ統一するとともに、家庭や地域と連携し
 た取組を進めています。

■学習環境(そろえる日常実践)

【机の上】
 机上には、必要なものだけを出して筆箱は机の中へしまいます。
 教科書は左に、ノートは右に置きます。
img_3848.jpg img_3851.jpg img_3852_(2).jpg
【姿 勢】
 教科書を読む時は、両手でしっかりと持ちます。
img_3859.jpg img_3858.jpg img_3856_(2).jpg
【黒 板】
 「課題」「まとめ」等のカードを活用して、学びの過程を明らかにするとともに、
 学習の「見通し」や「振り返り」を大切にします。
 また、黒板の上には何も掲示しないようにしています。黒板の上には
 何も貼らないことで,子どもたちの目線が黒板に集中します。
img_3861.jpg img_3114.jpg
【学習用具】
 
  ↑学習用具についてはこちらをクリックしてください。


■指導方法

【少人数指導とTT(チームティーチング)】
 算数科の授業に於いて少人数習熟度別指導やTT(チームティーチング)指導を
 行い、個々の子どもに確かな学力を身につける指導を行っています。

■放課後学習「けいせいくん」
 放課後の補充的な学習サポートを全学年で実施しています。授業外での反復学習の機会を増やし,学習内容の確実な定着を図ります。

■朝学習
 月・水・金曜日にドリル学習を中心に行い,火曜日は「けいさんタイム」として全校で基礎学力の定着を図っています。

■けいさんタイム
 『けいさんタイム』は, 算数の基礎基本の力をしっかりと定着させるための取組です。毎週火曜日の朝学習の時間に, 全校一斉に計算プリントに取り組んでいます。プリントは「前学年までの学習内容」を基本とし,少人数TT・教務が一括して作成し,けいさんタイム』の時間は,担任外の職員も教室に入り, 全教職員が指導に当たります。


■朝読書
 年間を通して木曜日に全校で取り組んでいます。定期的に読み聞かせも行っています。(図書ボランティア・図書委員会)

■学習用具のきまり
 集中して授業に取り組むことができるよう、校内で使用する学習用具についてきまりを設けています。


LinkIcon「啓西っ子の学習用具」←こちらをクリックしてください。

■家庭学習への取組
 各学年に応じた「家庭学習の手引き」 により家庭学習の定着を図っています。

LinkIcon「家庭学習のすすめ」LinkIcon「家庭学習の手引き」←こちらをクリックしてください。

■チャレンジテストの活用
 北海道教育委員会のチャレンジテストを実施しています。

■パワーアップ勉強会(長期休業中の補充学習)
 長期休業中に地域の方々(啓西っ子見守り隊・民生委員・エリアファミリーの中学生)のお力もお借りして,苦手な教科・分野を克服すべく年4回の補充学習を行っています。令和元年 夏のパワーアップ勉強会には,2日間でのべ 400人の児童が参加しました。
4.jpg 2.jpg 3.jpg 21.jpg 23.jpg


■平成31年度・令和元年度 全国学力・学習状況調査結果
LinkIcon結果分析←こちらをクリックしてください。


○ 校内研究

研究主題
 『主体的に学ぶ子どもの育成』 
~「わかる」「できる」算数授業を目指して~


 子ども達の学力向上には質の高い日常実践が欠かせません。啓西小学校では昨年度までの2年間「算数科」の研究に取り組んできました。この2年間の取り組みから、
思考の深まりや学習の定着について課題が明確になり、思考が深まる工夫=どの子にとっても学びが定着する指導方法の工夫について、さらに子ども達の現状をしっかり捉え、具体的な手立てを考えていく必要があるという課題が見つかったことから、
今年度も算数科の授業研究を行い、「解けそう」と感じる子ども達や、今日学習した内容が活用できることによって「できた」と感じる子ども達の姿を目指します。
 単元や題材のまとまりの中で、子ども達が「何ができるようになるか」を明確にし「何を学ぶか」という学習内容と「どのように学ぶか」という学びの過程の両方を重視し、授業改善の視点を共有することを目標として本校研究主題を設定しました。

【仮説1】 
 教材の系統性を踏まえ、ねらいを明確にすることによって、子ども達が「わかる」「できる」を実感することができるだろう。

【仮説2】
 問題提示の工夫をすることによって、子ども達が主体的に問題に取り組み、
 自立的・協働的に課題を解決することができるだろう。 



 研究主題
 『主体的に学ぶ子どもの育成

  ~「わかる」「できる」算数授業を目指して~』

 令和元年7月2日(火) 午後日程で開催しました。

LinkIcon2次案内はこちら



 令和2年1月24日(金)に開催しました。

LinkIcon案内資料はこちら