帯広市立啓西小学校 updated 2017-12-12
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 6月21日(水),3年生を対象に「馬の出前授業」が行われました。本校の3年生は1年を通して,校区にあるばんえい競馬場での野菜作りや馬との触れ合い体験を行っています。 この日は,2時間目に「とかち馬文化を支える会」より講師として旋丸巴さんをお迎えし,動物の歯の写真から「草食動物」と「肉食動物」について学び,馬についていろいろなお話をお聞きすることができました。3時間目はばんえい競馬場よりキング号と調教師の服部先生が来校し,グラウンドで馬車体験を行いました。3年生の子どもたちは馬車体験後にキング号の背中に乗せていただいたり,にんじんをあげたりと馬と触れ合う楽しい時間を過ごすことができました。



もどる



 7月11日(火),3年生がばんえい農園で育てているジャガイモ・大豆の観察を行いました。啓西小学校では毎年,校区内にあるばんえい競馬場の中にある「ばんえい農園」での野菜作りを行っています。今年は2週間ほど種まきが遅れてしまったのですが,ジャガイモ・大豆ともに順調に育っています。この日は30度を超える暑い日でしたが,子どもたちは水分補給をしっかりとして,じっくりと観察することができました。



もどる



 9月5日(火)には3年生がばんえい農園で枝豆の収穫を行いました。たくさんの枝豆が,子どもたちの手であっという間に収穫されました。次回はジャガイモの収穫を行い,馬耕を見学する予定です☆


もどる



 9月19日(火),3年生がばんえい農園でにんじんとじゃがいもの収穫作業を行いました。たくさんのジャガイモが68人の子どもたちの手であっという間に掘り出され,南側に一列だけ植えたにんじんも,しっかりと太く元気に育ち,たくさん収穫することができました。この日はNPOとかち馬文化を支える会の旋丸(つむじまる)さんから馬耕についてのお話を聞かせていただき,実際に目の前で馬耕を見学することができました。幕別町の蛭川さんご夫妻と,ばん馬よりも少し小さめな「桃姫」という馬による馬耕はとても力強く,子どもたちは畑の土がどんどん耕されていく様子を真剣に見入っていました。馬耕見学の後は,3年生一人一人が桃姫ににんじんをあげたり,桃姫をなでたりと,今回も馬との触れ合いの時間をもつことができました。


もどる



 10月25日(水)、「ばんえい農園感謝の集い」が行われました。これは3年生が一年を通じて、帯広競馬場の皆様にご協力をいただき、馬との触れ合いや農園での野菜の栽培・収穫など貴重な体験をさせていただいていることに対して、日ごろお世話になっている方々への感謝を伝える集いです。今回は「とかち馬文化を支える会」の旋丸さんと調教師の坂本さんをお招きして、子どもたちから感謝状を贈呈した後、ばんえい農場で収穫したじゃがいもと給食を一緒に食べていただきました。子どもたちは、ばんえい農園での活動や感謝の集いを通して、野菜を育て収穫することの大変さを知り、自分の口に食べ物が入るまでには、多くの人の労力が係わっていることを学んでくれたことと思います。


もどる