帯広市立啓西小学校 updated 2018-06-22
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



○基礎となる取組(日常の授業から)

【机の上】
 机上には,必要なものだけを出して筆箱は机の中へしまいます。教科書は左に,ノートは右に置きます。

【教科書を読むとき】
 教科書を読む時は,両手でしっかりと持ちます。

【教室環境】
 黒板の上には何も掲示しないようにしています。黒板の上には何も貼らないことで,子どもたちの目線が黒板に集中します。


○放課後学習「けいせいくん」
 平成29年度より,外部人材を活用した放課後の補充的な学習サポートを全学年で実施しています。授業外での反復学習の機会を増やし,学習内容の確実な定着を図ります。
 
○ 指導方法工夫改善
 算数科の授業に於いて習熟度別指導やTT(チームティーチング)指導を行い,個々の子どもに確かな学力を身につける指導を行っています。

○ 朝学習
 月・水・金曜日にドリル学習を中心に行い,火曜日は「けいさんタイム」として全校で基礎学力の定着を図っています。

○けいさんタイム
 『けいさんタイム』は, 算数の基礎基本の力をしっかりと定着させるための取組です。毎週火曜日の朝学習の時間に, 全校一斉に計算プリントに取り組んでいます。プリントは「前学年までの学習内容」を基本とし,TT・教務が括して作成し,けいさんタイム』の時間は, 管理職・担任外の職員も教室に入り, 全教職員が指導に当たります。
IMG_2690.JPGIMG_2683.JPG

○ 朝読書
 年間を通して木曜日に全校で取り組んでいます。定期的に読み聞かせも行っています。(図書ボランティア・図書委員会)

○ 家庭学習への取組
 各学年に応じた「家庭学習の手引き」 により家庭学習の定着を図っています。

LinkIcon「家庭学習の手引き」←こちらをクリックして下さい。

○ チャレンジテストの活用
 北海道教育委員会のチャレンジテストを実施しています。

○ パワーアップ勉強会(長期休業中の補充学習)
 全校生対象に長期休業中に地域の方々(啓西っ子見守り隊・民生委員・よさこいチームExcla!matioNの大学生・エリアファミリーの中学生)のお力もお借りして,苦手な教科・分野を克服すべく補充学習を行っています。H29年度は4回実施し,毎回たくさんの児童が参加しました。



○平成29年度 全国学力・学習状況調査結果

LinkIcon結果分析←こちらをクリックして下さい。

db593ee64016bc7c65b0655b799f1435.png

○ 校内研究

研究主題
 『関わり合いながら,自ら学ぶ子どもの育成』 
~主体的・対話的で深い学びのある授業を目指して~


 子ども達の学力向上には質の高い日常実践が欠かせません。啓西小学校では昨年度より研究の教科を算数科として, 全職員が共通のテーマを持ち取組を進めてきました。2年次となる今年度は,主体的・対話的で深い学びのある授業を目指して授業改善を進めていきます


■今年度の研究の視点■
①『関わりをもち対話しながら学習する子ども』
 関わりや対話から,解決の糸口を見つけたり,思考が広がったりする「深める」場面の工夫により深い学びに結びつくように努めます。
②『振り返りで定着を図る授業づくり』
 本時のまとめを使って,全体・個々のゴールを設定し,学習内容の定着を図ることを目指します。また,日常的に取り組める方法で全体・個々が解き進められる適用問題の工夫に努めます。

○ 校内授業研提案授業(6年1組須田学級)

 平成29年12月11日(月)、高学年ブロックの校内授業研究があり、須田 慎二教諭と担外の関教諭によるティームティーチングを実施しました。授業では、算数の『順序よく整理して調べよう』という学習内容の中で、子どもたちが対話をしながら課題解決の糸口を発見し、友達や教師との関わりの中で考え方を自分の言葉で説明する姿が見られました。また初任者授業を含めた全学級の授業を公開し、十勝教育局と帯広市教育委員会より来校された3名の方々にご参観いただきました。授業後の研究協議では付箋を用いたKJ法でより深く授業を分析し視点を焦点化した協議が行われた後、授業を参観された方々に本校の学級経営や授業についての指導・助言をいただきました。

○ 校内授業研提案授業(4年2組八木学級)

 平成29年9月4日(月),中学年ブロックの校内授業研究があり,八木和也教諭とT.Tの伊藤幸治教諭による算数の授業を行いました。この日の授業は『わり算の筆算』「2けた÷2けたの筆算を,仮商を立てて計算する」という学習内容でした。今回の授業では適用問題に取り組む場面において,個々のゴールに向かう工夫を取り入れた授業が行われました。授業後は低学年・高学年に分かれてのKJ法による研究協議が行われ,次回の高学年ブロックの校内授業研究に向けて,たくさんの意見が出されました。

○ 校内授業研提案授業(5年1組前田学級)

 平成29年6月7日(水)に研究部の提案授業があり,前田広美教諭(研究部長)と担外の伊藤幸治教諭によるティームティーチングで実施しました。この日の授業は『小数のかけ算』「小数×小数の計算の仕方について理解する」という学習内容で,子どもたちが既習事項を生かして計算の仕方を考え,友達や教師との関わりの中で考え方を自分の言葉で説明する姿が見られました。事後研では付箋を用いたKJ法でより深く授業を分析し,視点を焦点化した協議が行われました。また,この日は全職員の他に, 十勝教育局と帯広市教育委員会より3名の指導主事にもご参観いただき,今後の本校の研究に向けてご指導をいただきました。





 研究主題
 『関わり合いながら,自ら学ぶ子どもの育成
  ~主体的・対話的で深い学びのある授業を目指して~』

 平成29年7月4日(火) 13:00(受付開始)~15:45

LinkIcon2次案内はこちら



■緊急時の対応
LinkIcon緊急時のお知らせ

啓西小学校通学路マップ
H30通学路マップ.jpg
LinkIcon集団下校グループ分けはこちら



LinkIconTOP

LinkIcon学校紹介

LinkIcon教育活動・経営方針

LinkIconいじめ防止基本方針

LinkIcon学校力向上

LinkIcon学力向上の取組

LinkIcon体力向上の取組

LinkIcon学校行事

LinkIcon学校便り★NEW★

LinkIcon転出・転入について

LinkIconContact

LinkIcon家庭で活用できる教材
 (帯広市教育研究所作成教材)

校長先生と
「もぐもぐタイム」
IMG_6779.JPG
LinkIcon帯広の給食 献立はこちら
※啓西小はAコースです

開校50周年記念事業
50周年記念ロゴ-01.jpg
↑こちらのロゴマークをクリック